エアー緩衝材製造機 詳細

    エアー緩衝材製造機とは?
    ダンボールケースに商品を梱包する際、空きスペースに、バラの発砲スチロールなどを詰め込むと、クッション性やコストを考慮しなければならなかったが、必要な時に必要な量のクッション材を作り出すことのできる小型軽量の機械。

    エアークッションのため、クッション性は抜群で、クッションの大きさも調整できるので、ケースに対して空きスペースなく詰め込むことができる。

    エアークッションを製造する前は、フィルムがロール状になっており、場所をとらないが、製造すると膨大な量のクッション材となる。

    「製造機」といっても、机に載る程度の小型軽量の機械で、場所をとらない。

    ロール状のフィルムを重ねて空気を充填するだけで製造ができるので、必要な時にすぐに使用できる。      
    機 種
    機種は非常に少ない。1メーカー1機種に近い。
     
    特 徴
    大量に製造することができる。
     
    クッション材の大きさを一定の範囲内で変更できる。         

    クッション材一つ一つに「切れ目」があり、切り離すことができるので、単体で使用することもできる。
    エアークッションではあるが、耐久性は比較的高い。

    使用後は空気を抜くと体積が減少するので廃棄費用も低減できる。

    機械を無料レンタルすることもできる。(フィルムの料金は必要)

    機械を購入しても使用する量が多ければ、クッション材のランニングコストを低減させることができる。

    小型、軽量のため、机の上に置いて使用できる。

    操作は簡単で、故障も少なく、メンテナンスもほとんど必要ない。

    工場だけでなく、個人でも使用している。         

    フィルムロールはメーカーからしか購入できない。
    使い方の一例
    アニメーション

    小さなテーブルがあります

    機械本体を置いて

    フィルムロールを用意

    フィルムロールを本体にセット

    フィルム先端を溝に差し込みます

    フィルム送りボタンONで準備完了

    スタートボタンONで膨らむ膨らむ

    自動的に緩衝材が作られます

    大量生産でもロールはまだまだ

    生産終了のため起動停止

    切れ目があるので手でカット

    とりあえず終わります