包装機械とコンベヤの関係封函機

全自動型と半自動型
封函機には大きく分けて2種類あります。
全自動型と半自動型です。

全自動型の場合、後工程がどのようになっているかで変わりますが、すぐにパレット積みする
場合は、フリーローラくらいですみますし、後工程がある場合は、駆動コンベヤを設置し、自動で
搬送すれば良いので、難しくないと思います。

難しいのは、半自動型の場合です。
これも後工程によって変わります。
梱包機がある場合で、ライン対応の機種であれば、駆動コンベヤで接続すれば良いということに
なります。
では、これが、ライン対応の機種でない場合は、フリーローラーで梱包作業員の近くまで
搬送するようにすると良いです。
また、予算の問題はありますが、梱包機をライン対応の機種に買い換え、駆動コンベヤを設置
することができれば、省人化できます。

設備導入を検討する際、まずは、自動化できる工程、自動化できない工程を見極めてから、
予算などを考えるのが良いのではないでしょうか。

切り離し装置
自動封函機の場合、駆動コンベヤからケースが自動的に入るので、「切り離し装置」が必要です。
これは、ほとんどの「装置」(包装機械など)で必要となり、ケースが隙間なく入っていっても
かまわない装置は少ないと言えます。
それで、自動封函機も切り離し装置が必要ですが、標準仕様として取り付けられていることも多い
です。
しかし、メーカーや機種によっては、オプション扱いになることもあるので注意が必要です。
切り離し装置がない場合は、手前のコンベヤを使って切り離しをする必要があります。