本文へスキップ

株式会社 シライは、包装資材・包装機械の総合商社です。 マップ Q&A

052-613-2100

Q&A

緩衝材について

緩衝材製造機色々
梱包には、緩衝材は不可欠なものと考えられますが、これまでは、発泡スチロールや規格品のいわゆる「プチプチ」が主流でした。
しかし、頻繁に使用するため、常に在庫が必要で、緩衝材の特性によりかさばり、在庫スペースの確保が難題となっていました。

必要な時、必要な量をその場で作ってくれる機械が「緩衝材製造機」ですが、代表的な機種は、「紙緩衝材製造機」と「エアー緩衝材製造機」で、 「ダンボール緩衝材製造機」という新機種もあります。
いずれの機械も大型の機械だけではなく、小型の機械もあり、エアー緩衝材製造機は、卓上型が主流です。
段ボール緩衝材製造機
これは、段ボール自体、強度があり、クッション性に優れていますが、使用済みの段ボールを細断し、さらにクッション性をアップさせた緩衝材を作る機械です。
段ボール箱というのは、予想外に余ることが多く、大量に廃棄している事業者も多いのです。
その段ボールをクッション材として使用できるのですから、ゴミを減らすことができ、緩衝材をわざわざ購入する必要もなくなります。
例えば、メーカーから製品を段ボール箱で納入してもらうが、出荷は、自社専用の段ボール箱を使用する場合は、納入された段ボールを大量に廃棄しなければならなくなります。
当然、出荷する段ボール箱には、少なからず緩衝材が必要になります。
例えば、通販業者さんには最適かもしれません。

大量に廃棄していた段ボールが緩衝材に生まれ変わるわけですから、「リサイクル」という観点からも優れた機械だと思います。
また、段ボールは元々紙ですから、緩衝材としては「環境に優しい」とも言えます。
耐久性に優れた
緩衝材はある?
工場や輸送に使用されるエアー緩衝材は、いわゆる「プチプチ」と形状は似ていますが、「プチプチ」とは異なり、長期間使用されることを前提に製造されています。
ですから、耐久性には優れています。
また、ポリエチレン製のエアー緩衝材ですから、断熱性、耐水性、対薬品性が高く、リサイクルが容易であることも特徴です。

例えば、床面の保護は、一般的にはベニヤ板を使用しますが、このエアー緩衝材を使用した「ボード」があります。
これは、軽くて持ち運びやすく、クッション性が高く色々な用途で使用できます。
また、自動車の内装材、コンテナ、梱包箱などにも利用され、これからも数々の新商品が開発されそうです。
エア緩衝材はその場で
作れないか?
エア緩衝材をは「袋売り」もされていますが、大きな1袋で購入されるより、エア緩衝材製造機とフィルムロールを購入され、必要な時にその場で作られることをお勧めします。
そのメリットとしましては、大きく2つあります。
一つは、場所を取らないことです。
袋の状態ですと、大人1人分以上の容積が必要で、大量に使用する業者さんは、かなりの場所を取ることになります。
製造機があれば、フィルムロールを10個ストックしていても、邪魔にはならず、50〜70袋分の緩衝材があることになり、非常に効率的です。
それから、二つ目として、ランニングコストが安くなるということです。
これは、目安ですが、緩衝材としては、約半額ですみます。
もちろん、機械のコストは含まれていません。

エア緩衝材をそれほど使用されない場合は、その都度袋単位で購入されるのも良いのですが、大量に使用される業者さんには、エア緩衝材製造機のご購入が良いでしょう。
「製造機」と言っても、机に載るくらいの大きさですし、これも場所を取ることはありません。
エア緩衝材をその場で
作れる業界は?
最近の通販は、「ネット通販」という形態が中心で、個人でも参入できるのが特徴です。
「ネット通販」は、価格の比較が容易で、購入者には有り難いシステムです。
競争が激しいことは確かですが、女性の社会進出、高齢化社会などの影響を受け、通販業界は活況のようです。

このエア緩衝材製造機の問い合わせの多くが通販業者というわけではありませんが、通販業者さんにお勧めの機械です。
緩衝材は、「プチプチ」が有名ですが、その他には、発泡スチロール(バラもの)や紙緩衝材などがあります。
緩衝材製造機は、小型・軽量で、事務機器同様に使用でき、また、フィルムサイズを変えることもでき、その上、高速です。
必要なときに必要なだけ用意できるという便利さだけではなく、コスト面でも有益です。
エア緩衝材製造機を
レンタルできないか?
エア緩衝材製造機を購入するには、イニシャルコストがかかるという弱点がありましたが、無償レンタルが基本のエア緩衝材製造機があります。
小型で場所を取らず、修理はお任せというエア緩衝材製造機です。
フィルムが少し割高というところはありますが、製造機を購入するほどではないが、定期的に緩衝材を購入しているという方には最適です。
イニシャルコストがかからないという点は大きな魅力です。(審査が必要です)