コンベヤ工場内のインフラ

ケースなどの搬送に欠かせない物流機器。
ローラータイプ、ベルトタイプなどがあります。
包装機械との接続にも欠かせません。
一般的に「コンベヤ」というと「ベルトコンベヤ」が代名詞として使われていますが、実際は、ローラーコンベヤが非常に多く使用されています。
コンベヤは大きく分けて2種類あり、「フリータイプ」と「駆動タイプ」があります。
能力が低く人手の作業が多い場合は駆動しない「フリータイプ」を使用し、能力が高く自動機器が連続し「全自動ライン」になっている場合は「駆動タイプ」を使用するのが一般的です。
搬送物はダンボールケース・コンテナが中心ですが、パレットを搬送するコンベヤもあります。
例えば、包装工程では、「半自動」であっても、まずは、「オンライン化」で考えるとわかり易いです。
「オンライン化」に欠かせない機器がコンベヤということになります。
作業員が加わる「半自動ライン」では、「フリータイプ」のコンベヤ(フリーローラー)が欠かせません。
フリーローラーは、駆動コンベヤと異なり、比較的設置し易いし、オンライン化すれば持ち運び作業を楽にすることができます。
作業員が加わる工程であっても、オンライン化を念頭に考えれば、コンベヤのレイアウトが浮かんでくるはずです。