エアー緩衝材製造機エアー緩衝材・・「買う」から「作る」へ

    エアー緩衝材をフィルムから作る機械です。必要な時に必要な量だけを作ることができます。
    「製造機」と言っても、机に載るくらいの大きさで、場所を取ることはありません。
    当社は、エアー緩衝材製造機の販売実績が多く、イニシャルコスト・ランニングコストを含めたコスト計算も致しますので、是非ともお問い合わせ願います。
    ダンボールケースに商品を梱包する際、空きスペースに、バラの発砲スチロールなどを詰め込むと、クッション性やコストを考慮しなければならなかったが、必要な時に必要な量のクッション材を作り出すことのできる小型軽量の機械。
    机に載る程度で、場所をとらない。
    ・大量に製造することができる。
    ・クッション材一つ一つに「切れ目」があり、切り離すことができるので、単体で使用することもできる。
    ・エアークッションではあるが、耐久性は比較的高い。
    ・使用後は空気を抜くと体積が減少するので廃棄費用も低減できる。
    ・機械を無料レンタルすることもできる。(フィルムの料金は必要)
    ・機械を購入しても使用する量が多ければ、クッション材のランニングコストを低減させることができる。
    ・操作は簡単で、故障も少なく、メンテナンスもほとんど必要ない。
    ・工場だけでなく、個人でも使用している。