半自動梱包機 詳細

    半自動梱包機とは?
    バンドの末端を溶着することにより対象物(製品)を固定する機械のこと。
    PPバンド結束機とも呼ばれる。

    自動梱包機と異なり「足踏み式」などではなく、バンドを人手で機械に差し込むことにより結束動作を行う。
    差し込んだ先にセンサーがあるため、他の操作は必要ない。

    自動梱包機と形状が異なる最大の特徴は、アーチがないところで、これにより軽量・小型・安価にできると言って良い。

    結束対象物は自動梱包機と異なり、アーチがない分、大きさに制限がない。

    バンドを機械に差し込むことにより起動するところから、リング状の対象物を梱包できるというところも、自動梱包機(特殊機を除く)と異なる。

           
    機 種
    それほど多くはないが、ステンレス製もある。

    結束対象物
    ダンボールケース(組み立てられ、中身が入ったもの)

    その他、多種多様の製品(紐掛機と異なり、対象物をあまり限定しない)

    半自動梱包機の対象物は大きさについては無限大と言えるが、現実的には機械に載る範囲と考えて良い。

    自動梱包機では梱包できないリング状の物(タイヤなど)も梱包できる。    
    特 徴
    バンドを熱溶着するという点で、自動梱包機と原理は変わらない。

    バンドの先端を機械に差し込むだけで、後は自動で梱包してくれる。
     
    自動梱包機と大きく異なる点はアーチがないため、小型・軽量の上、安価であるところ。

    小型・軽量・安価であるところから、工場だけではなく、小売業界でも使用されている。
            
    梱包対象物については、大きさや形状にほとんど影響を受けない。
    使用例

    準備OK

    小箱をセット

    バンド先端を把持

    バンドを引っ張り

    バンド先端を差し込むだけ

    自動的にバンドが引き込まれ

    熱溶着完了!

    続いては・・

    特大ケース

    バンドを引っ張り

    これもバンド先端を差し込むだけ

    自動的にバンドが引き込まれ

    熱溶着完了!

    続いては・・

    ドーナツ型製品

    内側からバンドを通して

    これもバンド先端を差し込むだけ

    熱溶着完了!