紙緩衝材製造機紙緩衝材を自作

使用済み段ボールを梱包用緩衝材(クッションパッキン)に生まれ変える機械です。
キャスター付きで移動が簡単。
特に限定はありませんが、最も得意とする対象物は金属などの重量物。
・材質が紙なのでリサイクルや処理が容易。
・隙間・空間詰めはもちろん、重量物の底 敷きなど様々な用途に使用できる。
・レンタル製品が多いが、紙は専用のものを購入しなければならない。

型式 PPC5 パドパックLC パドパックCC
機械寸法 幅944×奥行1,000
×高1,930㎜
幅830×奥行760
×高1,490㎜
幅510㎜×奥行810㎜
×高550㎜
送り速度 33㎝/秒 120㎝/秒 60㎝/秒
質 量 約175㎏ 約100㎏ 約50㎏
電源・消費電力 単相 100V 770W 単相 100V 830 単相 100V 350W
専用紙 3層ロール紙 2層ロール紙 1層折畳紙 2層ロール紙
巻長さ 160M 175M 300M 180M
寸法 W762×
φ220㎜
W762×
φ215㎜
W762×D192×230㎜ W380×φ210㎜
質量/本 約16kg 約18kg 約20kg 約9kg
紙緩衝材使用例
※改良の為、予告なしに性能・仕様を変更する事があります。