手動バンド結束機 詳細

    手動バンド結束機とは?
    ハンディタイプのバンド結束機のこと。

    対象物にバンドを掛け、重なった部分にこの機械を差し込み、振動式で熱溶着し、不要な部分を切断することができる。

    頻繁にバンド結束しないが、時々使用する場合や、特殊なものを結束する場合に使用する。

    パレット梱包用に使用されることが多いが、単体のダンボールしかできない機種もあり、結束機の引き締め力に注意が必要。
    機 種
    使用する際、電源コードが必要なものと、コードレス(充電式)タイプがある。

    引き締め力を設定できる自動タイプと、任意に引き締めることができる半自動タイプがある。

    機種は引き締め力によって分けることもでき、結束対象物により引き締め力を考慮する必要がある。

    樹脂製の小型・軽量・安価なタイプもあるが、これは引き締め力が小さく、単体ダンボール専用。
    結束対象物
    小物以外は、結束に耐えうるものならほとんどの物を結束できる。
    (最小結束範囲が200×200mmという機種もあるので要注意)

    大型の対象物に向いているが、樹脂製の引き締め力の小さな結束機では結束できない。
    (実パレットは、引き締め力の強い機種を使用すること)

    木箱などの硬い対象物も可能であるが、引き締め力が大きいものを使用すること。  
    特 徴
    自動梱包機と異なり、機械を移動して結束できるので、対象物をあまり移動せずに結束できる。

    充電式は比較的重いが、電源コードタイプはかなり軽量になった。

    バンド1巻の重量が重いため、現実的にはこの機械単独で使用することは難しく、「バンドディスペンサー」とセットで使用することが望ましい。

    機種により引き締め力が異なり、対象物に合った機種を選択しなければならない。